FC2ブログ
ねぇカメチャン…聞こえる?届けたい…omoi☆ 眠れぬ夜は君のせい*:・'゜☆
ふくしまfm@NTT☆*゜。


おばんです(*^^人)

ふくしまfmラジオ金曜のレポを、、またまたしずさんからいただきました♪
今回はドラマ班のたっちコンビはお休み

NTTのお三方でのラジオ♪

ライブの話やべムの話まで。。
愛しいヤツらです。・:*゜


しずさん、、いつもありがとう





聖「ふくしまFMをお聴きの皆さん、福島の皆さんおばんです。KAT-TUNの田中聖と田口淳之介と中丸雄一です」

聖「さあーと言うことでこの時間我々KAT-TUNは3週間ぶりの登場という事ですけども。ちなみに今日はねメンバー3人という事で」

淳「3週間ぶりに3人で」

聖「亀梨君上田君はお休みです」

中「今後また、こういうなんだ5人じゃなくて3人だったり、3人じゃないパターンももしかしたら今後ね」

淳「今までに無いなんかこう組み合わせも有るかもねー」

中「有るなー」

淳「俺らは曲をねNTTとしてリリースしてますけども」

中「今までやった事無い組み合わせ絶対あるよね」

淳「あると思うよ~」

中「たぶん有るよ」

聖「怖いな」

淳「(笑)怖いよ~」

中「どういう空気になんだろうな」

淳「マジ怖いよそれアハハ」

中「誰やった事無い?俺と上田は有るでしょ。そして2人も有るじゃん」

淳「俺、亀と無いなぁ」

中「上田、亀、聖とか3人とかってどうなの?」

淳「あ¨ー凄いそれ」

中「やった事無い」

聖「カオスな事になりそう」

淳「かなり面白そうだけどでも」

聖「上田と二人も怖い」

中「あ~そっかやった事無いんだ」

淳「中丸君いっつもそうだもんね上ピーと」

中「だから今後このラジオでは俺らもやった事無い組み合わせでのラジオ」

聖「あるな」

淳「楽しみだね」

聖「だいぶカオスが見れますよ」

「今日はNTT」

聖「先ずはこの曲からスタートしたいんですけども、あのねドラマのほら妖怪人間ベムあったでしょ」

淳「あー始まりましたねー」
聖「あれについてですけども、観ました?」

中「まだ観てない」

淳「ビデオの中に入ってます」

聖「俺~ちょうどね京都で観れたの」

中「あ、ほんと?」

淳「おーどうだった?」

聖「いや面白かった普通に」

中「だーいぶ評判良いみたいね」

淳「凄い特殊メイクに2時間くらいかかるとか話しを本人から聞いてて。凄い手がかかってる」

聖「まぁあのー普通に見えてる分には角とかだけなんだけど、上半身脱いでる時もあるから、そうするとなんかひび割れてる感じのヤツとかやってるから~」

中「田口あれ大変でしょ?特殊メイク」

淳「そうなんだよね~あのいっつも材料ね~揃えるだけで大変なんだよね~」

聖「はっ」

中「突っ込めや!フハハハ」

聖「はっ?って言っちゃった俺フフフ。まままやってますんで。それに沢山の方からのリクエストが、それの主題歌に頂きましたので聴いて頂きましょうKAT-TUNでBIRTH」

聖「さて今日は3人での放送という事で、ここからスペシャルな新企画です。中丸君よろしく」

中「KAT-TUN ライブMC養成講座ー」

聖「ちょっと説明おば」

中「了解!これまあ初めてやるコーナーなんですけど、ここからはKAT-TUNの3人のトーク術をアップするための特別講座になってます。今日のこの3人に素晴らしいライブのMCをやってもらいたいんですけども、これねぇくじ引きがあってくじ引いてもらいたいんですよ。こん中にトークテーマが書かれてるんでそれについて1分間話してもらいたいんですよ」

淳「まあ言ったらばムチャ振りですよねぇ軽くねぇ」

中「ムチャ振りです!だからこれやればぁライブのMCの時にーそのムチャ振りされても臨機応変に返せる能力がつく!」

淳「ホントですかぁ?」

中「その特訓も兼ねて?のゲーム」

淳「はいはいはい。ライブね今年出来なかったけどね、次の機会にはね」

聖「ていうかどんな話しが来るか分かんないからね。ライブでも」

淳「そうなんすよ」

中「それをイメージしながら自分でも」

聖「ただ笑わせなきゃいけない」

中「そうなんです!その1分間の間に、まあその~スピーチしてる以外の2人が少しでも笑えば一応勝利。そして1分間何も無かった場合にスタッフの方にジャッジしてもらうんですよ。でブーインクだった場合スピーチしてた人はバツゲームとしてこのコーナー内で天の声やってもらいます」

聖「声が変に、天の声でしゃべんなきゃいけないと」
中「そうっす。そこでOKだったら、歓声がきたら一応セーフということで」

聖「難しいなぁ~そのジャッジがなあ」

中「まあな、まあな」

淳「ま~テーマのくじ運も有りますからね~」

聖「くじ運デカイこれ」

中「一人目じゃんけんで決めましょ」

「最初はグー!じゃんけんぽい!」

淳「わあー負けたぁ!一発目かー」

中「じゃあ田口さん引いて下さい。これトークテーマ発表になったらすぐスタートしますんで。よろしいですね一人目田口君トークテーマお願いします!」

淳「緊張するなー。私、実は〇〇なんです」

(コンサート会場の様な声援がバックに流れる)

淳「うぁ~ありがとう!あ~これからMCだからみんな!座って。ハハ~ゴメンネ、あーありがとうありがとう!あーこんな所でお花ー渡さなくて大丈夫だよ。うんゴメンネ、ありがとう。ハァーみんな今日は僕のサヨナラLIVEに集まってくれてありがとう(笑)んまぁ!サヨナラなんだけど笑っちゃうよね!こんな時に俺はー実は〇〇なんでしたって言う話しなきゃいけないなんて。何を考えてるんだろうなって思うんだけど。実は俺、女だったんだ。そう!今まで隠してたんだけど俺の本名は田口淳子。生まれは1985年11月28日。実は淳之介とは双子の1時間前に生まれた、早く生まれ姉なんだ。こうやって影武者やってるんだけど、う~んそうだな淳之介は、あいつは星に帰って行ったよ。これから淳子が淳之介になるよ。みんな!ウフフー」

中「終了でーす。サヨナラコンサートって言ってる時に自分笑ってたもんな!」

淳「プッ!フハハハ!」

中「たえらんなくてな」

聖「ただそこに関してはゴメンだけど、そこは俺も笑ったし中丸も笑ってたけど、そこ判定にかすってない所だからね」

中「(笑)まあジャッジしてもらいましょう」

淳「なんか好きなんですこれ」

中「好きっぽいね。どうなるか今日。吉と出るか判定のほうお願いします!」

(キンコンカンコン!歓声~)

淳「良かったぁ~。何で笑ったんだろう?」

聖「いや俺ゴメン笑ってなかった。結構グダッてたなって思ってたもん」

「………あ~」

中「俺もね何言ってんだコイツって気持ちで見てたからー」

聖「呆れ笑いだな」

中「呆れ笑い」

淳「呆れ笑い。でも呆れ笑いも有りなんだね」

聖「あのね~呆れ笑いも有りなのかな?フフフ」

淳「いや?~良かったぁ俺合格した。ペナルティーは免れましたね」


中「じゃ二人目決めますか?」

「最初はグーじゃんけんぽい」

聖「ヨッシャー!イエーイ!どうぞー!中丸君」

淳「いや~二人目行く前に曲を」

中「…あっそっか」

聖「曲かけんの?二人目行く前に」

中「俺引いて考えてていい?」

聖「あ~いいよ~。いやっダメ!さあそれでは二人目行く前に曲に行きましょう。ラジオネーム ベムまきさん。チャチャッと作れる美味しい料理はありますか?皆さんのオススメ料理を教えて下さい」

淳「ほーお茶漬けじゃないですか。それこそチャチャッっと」

「チャチャッっと、チャチャッっと」
淳「茶だけに」

中「ほー」

聖「言うと思いました。…はい!という事ですね」

淳「アハハハハ~」

聖「お茶漬け作って頂きましょう。お茶漬け?案外時間かかるけどなあ。」

淳「そうなの?」

中「もっとチャチャッっと無い?玉子かけご飯とか」

聖「ご飯」

淳「ご飯炊いてないとか」

中「あそっか!でもそんな事言ったら茶漬けも~」

聖「だから家にある、何が常にある?じゃ」

中「ラー油、塩とか」

「あ~フフッ」

中「ねぎ」

聖「じゃあ、ラー油、塩、ねぎ」

淳「アハハッ!ねぎ焼きじゃん結局」

中「焼いていいの?焼いていいの?」

聖「焼く有り!」

「焼いていいんだ!」

聖「これ美味しそうじゃん」
中「ねぎ焼いて塩とラー油で」

聖「うまいよ」

淳「ねぎチョーうまいよ!」

聖「あのね~京都のねぎチョーうまかった」

淳「九条ねぎでしょう太いヤツ」

聖「チョーうまかった。東山さんに連れていって頂いたチャンコ屋の」

淳「チャンコ屋のねぎ」

聖「半端じゃ無かった。何がうまいってねぎがうまかった」

中「ホントにうまいねぎとかって、なんも浸けないんだよね」
聖「そっ!要らない」

中「ねぎ食いたくなった」

淳「ねぎ食おう、ねぎ」

中「チャチャッっとねぎ食おう」
淳「みんなでねぎ食おう」

聖「(笑)だからチャチャッっと作れる料理はねぎ焼きです。ということでリクエストあるんで聴いてもらいましょう。KAT-TUNでReal Face」



>続く


ジャニーズブログランキング

ランキング参加CHU~!omoiよ☆届けっ!!
関連記事

別窓 | KAT-TUN☆ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ふくしまfm PART2@NTT☆*゜。 | 眠れぬ夜は☆亀梨和也 | Going!Sports&News 1106☆*゜。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 眠れぬ夜は☆亀梨和也 |