FC2ブログ
ねぇカメチャン…聞こえる?届けたい…omoi☆ 眠れぬ夜は君のせい*:・'゜☆
誰かのために☆*゜。

家人もびっくし(^^ゞ
4時間、、観ました~♪

実は金八をあまり観たことがなく、、でも今日観てもなんとなくわかるのは
ずっと変わらず続けて来た作品の重み、、強みでしょうか。。

明彦は本当に、、ビックリするほど一瞬の出演でしたけれど
その存在感の大きさを十分に発揮していました、、よね??

最後に映った明彦少年には、、ときめきじゃなく愛しさを感じ


いまのカメチャンの姿に、、ドキっとして舞い上がる
これが、、恋??


スケジュールの都合がついたのであれば、、
あの卒業式に参加させてあげたかったなと。。親心

恋心だったり親心だったり、、あー忙しい(笑)

金八先生!歴代の3Bのみなさん、、
無事御卒業おめでとうございます<(__)>



大好きだよ!亀梨和也の千晶ちゃんがブログを再開しましたことを
この場所からもお知らせいたします。。

千晶ちゃん、、おかえり~♪
これからも、、千晶ちゃんのペースで、、
一緒に亀愛綴っていこうね*:・'゜☆



芳麗さんのブログは時々覗いています。。

モノカキさんのセンスを感じ興味深いのですが。。正直アタシにはなんとなく難しいところもあります
亀カメラを担当なさって。。カメチャンのことを書いてくれていたので教えてもらったブログ
それ以来お気に入りに入れて読みに行くこと、、
一方的ではあるけれど、、これがご縁というものだなって感じたりなんかしています

久しぶりに亀カメラを語ってくれていました

芳麗の恋メモ

今月のMAQUIAの連載「亀カメラ」は、チーム、絆について。
トップアイドルたる人が、「チームのために」と言えるって実はすごいことです。

一般的にも、若いうちは、「誰かのために」なんて心からは言えない。
表現者は、しかも成功している表現者ならなおのこと。
自意識の強さは並はずれているし、そこに明らかに突出した才能も伴っているから、
その才能と自意識とエゴに溺れずにいるのは難しい。

でも、若くしていろんな経験を濾過して、たくさんの葛藤を経て、
「誰かのために」にたどり着いたんだなぁと思うと感慨深い。

ま、だからこそ、今の彼があり、今の道が敷かれているのだと思いますが。

この連載で、心の深いところを話そうとしてくれる潔さ、
それをスタッフや読者と共有しようとしてくれる優しさ。
感謝するとともに尊敬します。




亀カメラを読むと、、いつも涙が溢れるのは。。
カメチャンがそれをこちら側に伝えようとしてくれてる、、
そのomoi☆が。。ただうれしくて。。

そうか、、そうなんだ
共有しようとしてくれることはやさしさ。。なんだ

芳麗さんの言葉に頷きながら。。
やさしくて強い人だからこそ、、誰かの支えがすごく必要なトキがあるんじゃないかなって思ったり。。


誰も悪くない、、
強いて言えば。。若さ
すべてのことに意味があった。。
きっと時間をかけて。。いまがあるから

群れることを好まない
意識しているわけじゃなく、、一人でいることが出来る人って
何かに惑わされることのない、、強い人でもあるのかな

そして、、誰かのためにと考えることができる今があることが
なによりの宝物・.*。゜・.*。゜




ジャニーズブログランキング

ランキング参加CHU~!omoiよ☆届けっ!!

亀ちゃんパワー注入プロジェクト、、
コメント、、メールフォームから引き続き連絡お待ちしています
関連記事

別窓 | kame☆kame | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<Going!Sports&News 0327☆*゜。 | 眠れぬ夜は☆亀梨和也 | 上田×亀梨 Going!プロ野球 0326☆*゜。>>
この記事のコメント
シマチャン~

ワタシは金八さんが始まった頃はまだ小さかったから

あんまりちゃんと見れてなかったケド…

第5シリーズカメチャンが出てた回から見てたよ

ただ…明彦がリアフェでデビューしたカメチャンだってデビューした頃はまだ知らなかった

その後も見てたよ

毎回感動させられて、考えさせられたドラマだった
大人になった明彦カメチャンはセリフも梨で一瞬だけしか出なくて残念だったケド…

あんなに長く続いた素晴らしいドラマに出演出来た事、一瞬だけでも出れた事を嬉しく思ってるだろうね

同窓会…金八先生の卒業式に参加したかっただろうね

昔の仲間達に会いたかっただろうなぁ~って

そんなシマチャンの親心分かるよ(笑)
2011-03-28 Mon 00:34 | URL | kuちゃん #WJ9iU69.[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 眠れぬ夜は☆亀梨和也 |